光

自分の中のネガティブな感情も許可すると心が楽になるよ。

マナマナ

それは、どういう意味?

光

例えば、不平を言う自分を責めるのではなく
不平を言う自分も、そのまま許可してあげるといいんだ。

マナマナ

正すのではなく、許可するのね?

光

そう、ありのままの自分を許可することで
心がほっとして、前向きな気持ちになるんだよ。

マナマナ

なるほど。面白いね。

結果としてポジティブへ変化するんだね。

光

うん、つまり、理想の自分になりたいと思って
不平を言う自分を責めると、逆効果なんだよ。

ますますネガティブな気持ちになってしまう。

マナマナ

確かに、そうかもね。

光

不満を口にしたりネガティブな言葉を喋っても
大丈夫なんだ、気持ちを抑えなくてもいいんだと
自分で自分を許可してあげるのさ。

そうすれば心が解放されて、不平不満も減っていくんだよ。

マナマナ

ありのままの自分を受け入れることで
さらに成長できるイメージなのかな?

光

そうなるね。

マナマナ

確かに、がんばって、不平不満が沸き起こるのを
無理に抑えて表面だけプラスな事をしゃべっていても
心がマイナスだったら、うまくいかないよね。

光

うん、車に例えたら
アクセルを踏みながら、同時にブレーキを踏む感じだね。
そうなると身動きとれないし苦しくなる。

マナマナ

うん・・車が壊れそうだね。

光

ブレーキを踏むかアクセルを踏むか、
どちらかを選ぶことが大事なんだ。

マナマナ

両方とも大切な役割りだよね。

光

そう、悲しみ、恐れ、不平、不満など出てきたら
休んだほうがいいという体からの合図だから
一旦止まって(ブレーキを踏んで)、
許可してあげるといいんだ。

マナマナ

その後ならスムーズにアクセルも踏めて
前へ進めるというわけね。

光

ネガティブな気持ちもポジティブな気持ちも
どちらが出てきても、そのまま許可してあげることだね。

ありのままの自分を許可すること。

どんな気持ちでも、自分で許可することで、心がほっとして楽に生きることができるんだ。

スポンサーリンク