今回は、他人に認められたい承認欲求が強い時の対策の話。

あなたは何かをする時に
褒めてもらいたい
認めてもらいたいと思って
始めていないかな?

誰だって・・・

続きは音声配信でどうぞ。 2:31

上記が表示できない場合や下書きと一緒に聞きたい場合は以下からどうぞ
https://stand.fm/episodes/60a43ddf35f979473196c53f

他人に認められたい承認欲求が強い時の対策の下書き

他人に認められたい承認欲求が強い時の対策の下書きを以下に書き出します。

今回も音声と少し違うので聴きながら読んでみて下さい。
優先は音声の方です。
いつものようにエネルギーが高い音になっています。

***ここから****

今回は、他人に認められたい承認欲求が強い時の対策の
話。

あなたは何かをする時に
褒めてもらいたい
認めてもらいたいと思って
始めていないかな?

誰だって
褒めてもらえると嬉しいよね。
認められると嬉しいよね。

でも何かをする時の動機で
褒めてもらいたい、認めてもらいたいという思い
承認欲求が強すぎると苦しくなるよ。

私もそうだったんだけど
褒めてもらおうと思って頑張って
何かをしても、褒めてもらえるとは限らないよね。

褒めてもらえないとガッカリして
自分には価値がないと思い込んで落ち込んだりする。

他人の評価で価値判断して一喜一憂するのっておかしいよね。

そう。

他人の評価で自分の価値を測るのは間違いだよ。

じゃあ、どうすれば心がいつも楽でいられるかというと
承認欲求ではなく無条件の他者貢献だと思えばいいんだよ。

他者貢献なら、他人に認めてもらう必要はないよね。

他者貢献とは、自分の思いを無視して誰かに尽くすことではなく、
自分の価値を実感するために実践されること。

自分は貢献していると感じられることで
自分に価値があると思えるとアドラー心理学の
「嫌われる勇気」にもあるよね。

つまり他人の心は無関係で
自分の心が喜んだらOKなんだ。

承認欲求ではなく他者貢献で生きると心が楽になるよ。

そして人を信頼できる他者信頼も意識して生きたいね。

人を信頼するには自分をまず受け入れて信じること。
自己受容することで他者信頼もできるようになるよ。

ありのままの自分を受け入れて自己受容して
他者貢献と他者信頼でいつも良い気分で楽しく生きよう。

あなたの楽しい人生を応援するね。

元のツイート
https://twitter.com/satoai3/status/1393422135247310850