マナマナ

手放すということについて、考えていたよ。

光

ほほー

マナマナ

今まで、手放すとは、手を放すのだから、不要なものと嫌って逃げていた気がするの。

光

なるほど・・

マナマナ

でも、色々学ぶうちに、そうじゃなくて
手放すとは、向き合って感謝してただ距離をおくことだと気づいた感じかな。

光

それで?

マナマナ

うん、手放すものを避けたり、逃げたり、否定しなくていいんだということ。

手放すものも、自分の一部だから、感謝して選ばなければいいんだって気づいたわけ。

そうすると、逆説的だけど簡単に手放したかったものが、本当の意味で少しずつ手放せてる感じかな。

光

良かったね。

どんなものを手放したかったの?

マナマナ

不安、恐れ、不満、罪悪感、無価値観、色々あるよ。

光

ネガティブな感情は、確かに手放したいよね。

楽になってきたんだね。

マナマナ

うん、今は不安や恐れ、不満から少しずつ解放されきた感じかな。

心がふっと軽くなる感じ。

残っているものも、向き合っているところだよ。

光

ネガテイブな感情など手放したいものも、自分の中の一部だからね。

嫌ったり逃げたりしても、無駄なんだよね。

無理に手放そうとすればするほど、逆効果になったりするから。

手放したいものにも、ちゃんと向き合って、今までありがとうと感謝したいね。

手放すとは、向き合うことなんだから。

ネガテイブな気持ちもポジティブな気持ちも、自分の一部。

だから、今どちらの気持ちを選びたいのか、自分が決めるといいよね。

ネガティブを手放すのではなく、ただポジティブを選べばいいだけ。

スポンサーリンク